日焼け予防の正しい使い方は?

日焼け予防 使い方 画像日焼け予防を使う時、ただ適当に

クリームを塗っている人はいませんか?

 

また、朝1回塗ったら夜までそのまま…
という人はいませんか?

 

確かにクリームを塗ればその部分は日焼けを
予防できますが、ケア商品を正しく使えて
いないと自分の想像以上に紫外線を浴びて
しまっている場合も多くあります。

 

ここで今一度、日焼け予防のクリームやパウダー、
スプレーの正しい使い方をチェックしておきましょう!

 

 

クリームタイプの使い方のコツ

日焼け予防 使い方 画像

 

腕や足などの使用する時は、塗りたい箇所に直接
垂らしてから雑巾を絞るようなイメージ
ねじるように手で馴染ませていきます。

 

縦に伸ばすだけだと、意外と腕の外側が塗れて
いない事があるので塗りムラを防ぐためにも
ねじる動きで塗るのがおすすめです。

 

効果を切らさないためには、2〜3時間ごとに塗り直すことが大切です。

 

顔に使用する時は、クリームを手に取って
馴染ませてから顔に塗るのが基本です。

 

顔に使用している場合も2〜3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

 

日焼け予防 使い方 画像

 

ノーメイクの場合はそのまま塗り直すことが
出来ますが、メイクをしている場合は本来ならば
メイクをしっかり落としてからまた日焼け止めを
塗り、メイクをする…というのが理想的です。

 

ただ、仕事や家事などで忙しい普段の生活の中で
メイクオフして日焼け予防をやり直す暇はありませんよね。

 

なのでメイクをしている時は、ティッシュオフ
余計な皮脂を落としてからクリームを少量指先に取り、
メイクの上から頬や鼻などを中心にトントン軽く
押さえるようにして塗り直すのがおすすめです。

 

特に顔は日焼けやシミを絶対に防ぎたい場所なので、
こまめに塗り直して紫外線をしっかりカットしたいですね。

 

 

スプレーやパウダータイプの使い方

 

効果的に日焼け予防をするためには、
1日の中で何度か塗り直す必要があります。

 

腕や足だけではなく、顔にも塗り直しが簡単に
出来るのはスプレーやパウダーのタイプです。

 

まず軽くティッシュで顔を押さえて余計な皮脂を
取り除きます。ポイントはティッシュを使用する事。

 

皮脂を落とすと言えばあぶら取り紙の方がグングン
取れますが、あぶら取り紙は皮脂を取り過ぎるので、
乾燥を感じた肌が逆に皮脂分泌を促進させてしまいます。

 

ティッシュで押さえたら、スプレーやパウダーを
ムラにならないように使用しましょう。

 

 

サプリタイプの使い方

日焼け予防 使い方 画像

 

日焼け予防サプリを使用する場合は、
日焼けが気になる日だけではなく毎日
継続して飲んでおくことが大切です。

 

それは、サプリメントは即効性のあるものではなく
続けて摂取する事で徐々に体質を改善していくものだから。

 

継続して飲む事で、紫外線のダメージに負けない
強い肌へと整えていくことが出来るので、
紫外線の心配を感じたら早い時期から
飲み始めておくことがおすすめです。

 

また、絶対日焼けしたくないからといって
一度に大量に飲む事は絶対に避けて下さい。

 

大量に飲んだからと言って急に効果が上がる
訳では無い上に成分の過剰摂取によって思わぬ
トラブルが起こる可能性も考えられます。

 

サプリメントは医薬品では無いですが、目安量を守る事は大切です。