日焼け予防の種類にはどんなものがある?

日焼け予防 種類 画像「日焼け予防」と一口に言っても、様々な種類の商品があります。

 

クリームやジェルのタイプや、スプレー、シートタイプなど…

 

クリームやジェルは昔からある日焼け予防ですが、
肌に塗るとベタつきが気になるなどの意見もあり徐々に
シートタイプやスプレータイプの商品も増えてきました。

 

また、最近人気が上昇中なのが飲むサプリ
タイプの日焼け予防で、肌に塗るタイプは肌への
負担やダメージが気になる方やもっと強力に
紫外線対策をしたい方から支持を集めています。

 

 

クリームやジェルの「SPF」「PA」って?違いは?

 

日焼け予防クリームには紫外線を防ぐ
効果の高さの指標として「SPF50」や「PA+++」
などの表記がされていますが、このSPFとPAの
違いは何なのでしょうか?

 

簡単に言うと、SPFとは紫外線のB波を、PAとは
紫外線のA波をカットする指標
になっています。

 

B波を浴びると肌が赤くなる日焼けをして
しまうので、日焼けをしたくない日はSPFの数値が
高いものを選ぶと良いでしょう。最大値はSPF50+です。

 

一方、A波はガラスや雲を通り抜けやすい性質を
持ち、シミやシワの原因になりうる紫外線です。
そのため、室内に居る時や曇りの日でも油断は大敵です。

 

PAの基準値(PA+〜PA++++)の+が多いものほど、
A派を防ぐ効果が高いので、シミを作りたくない
場合はPAの高いものを使用すると良いですね。

 

ただし、SPFやPAが高くても塗りムラがあったり水や汗で
流れたりすると日焼け予防効果も下がってしまいます。

 

こまめに塗り直すことが日焼けを予防する
上で大切ですが、あまり強い日焼け予防クリームを
何度も塗ると肌に負担をかけてしまう場合もある為、
その日の紫外線量や活動内容などで適切なレベルの
日焼け予防を選ぶ事がおすすめです。

 

 

新たな定番!飲むタイプの日焼け予防

日焼け予防 種類 画像

 

近年、どんどん商品の数が増えてきたと共に愛用者も
増えているのが、サプリタイプの日焼け予防です。

 

この日焼け予防サプリは、元は紫外線に
弱い欧米人の為に開発されたのだとか。

 

このサプリは紫外線によって肌が受けた
ダメージを軽減する効果がありますが、肌に紫外線が
当たらない様にする効果があるわけではありません。

 

そのため、紫外線カットのクリームやジェルと併用して
日焼け予防サプリを飲む事で、クリームでは防ぎきれない
紫外線のダメージをしっかりとケアする事が出来ます。

 

 

妊娠中や産後にオススメの日焼け予防法は?

日焼け予防 種類 画像

 

妊娠中や産後は体の色素が溜まりやすくシミが
出来やすいと言われていますが、この時期は母体も
胎児もデリケートな時期なのでサプリタイプの
日焼け予防は避けた方が安心です。

 

また、産後は日焼け予防のクリームを
塗った肌で赤ちゃんに接するのも不安を感じるため、
出来るなら紫外線カットの長袖や帽子を活用する
事で日焼け予防をするのが良いでしょう。

 

授乳期間が終わると、子供と一緒に外で遊ぶ回数や
時間も増えて紫外線を浴びる機会も多くなりがちです。

 

その時期には日焼け予防サプリと日焼け止めクリームを
併用して念入りに紫外線ケアをし、日焼けや将来の
シミ・シワをしっかりと予防するようにしたいですね。