日焼け予防の成分とその効果とは?

日焼け予防 成分 画像紫外線が気になる季節になると、ドラッグストア

などには数多くの日焼け予防商品が並びます。

 

あまりに種類が多すぎてどれを選ぶか迷って
しまうものですが、中には肌に負担をかける
成分配合のものもあるので注意が必要です。

 

「おすすめ商品だから」「値段が安いから」というだけではなく、
今年は肌の事を考えて成分に注目して選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

日焼け予防の成分とその効果

 

日焼け予防に効果のある成分は主に、

 

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

 

の2種類が使われています。

 

ではそれらの特徴や効果をひとつずつ見ていきましょう。

 

 

紫外線吸収剤

日焼け予防 成分 画像

 

ほとんどの日焼け予防商品に含まれて
いるのがこの紫外線吸収剤です。

 

肌にピタッと密着して白浮きもしないので、使用感が
良いのが特徴で、紫外線を吸収して熱などに変換する
働きを持ち紫外線ダメージから肌を守る効果があります。

 

ただ、紫外線のA波を吸収する成分は多くは無いのでこの
紫外線吸収剤だけで完全にUVケアをするのは難しいとされています。

 

また、紫外線吸収剤の長時間の使用は肌に
負担となる可能性があると言われています。

 

 

紫外線散乱剤

 

二酸化チタンなどを主成分としており、その粒子に
よって光を反射させる作用で紫外線から肌を守ります。

 

白浮きしやすいため使用感が気になる場合もありますが、肌で
化学変化を起こす紫外線吸収剤よりも肌に優しいのがメリットです。

 

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の使い分け方法は?

日焼け予防 成分 画像

 

普段の生活の中で毎日使用する日焼け予防には、
肌への刺激が少ない紫外線散乱剤をベースに
している商品を選ぶのがおすすめです。

 

一方、紫外線吸収剤を選ぶ方がおすすめなのは、レジャーや
イベントなどで屋外で紫外線を浴びる時間が長い場合です。

 

「とにかく強力な日焼け予防をしておけば安心でしょ!」

 

と、毎日朝から晩までSPF50+でPA++++の最強の日焼け止めを
使用していると紫外線は防いでいても知らず知らず
肌にダメージを蓄積してしまう危険もあります。

 

そのため、その日の活動レベルによって
日焼け予防を使い分ける事が大切なんです。

 

普段の買い物などの短時間の外出であればSPF20
程度の日焼け予防でも十分効果があるものですよ。

 

 

「日焼け予防が肌に良くない!」の噂は本当?

 

いつからか「日焼け予防は肌に良く無い」
という話が聞かれるようになってきました。

 

その噂だけが独り歩きをして、それがなぜなのかは
あまり知られていないのではないでしょうか?

 

実は、肌に良くないと言われる理由は紫外線吸収剤にあるんです。

 

紫外線吸収剤は石油を原料とする合成成分なので、
確かにあまり肌には良くないものです。

 

しかも化学変化を起こして紫外線を防いでいるので、
肌の上で理科の実験を行っているようなものなんです。

 

肌が弱い人は紫外線吸収剤の日焼け予防クリームで
湿疹などのトラブルを起こしてしまう場合もあるため、
強い日焼け予防を使う時にはやはり注意した方が良さそうです。

 

最近では、体の中から紫外線ケアが出来る日焼け予防サプリ
数多く販売されているため、そういったサプリで
紫外線対策をするのも一つの方法です。